ぎゃんぎゃん日和。

アクセサリー中心のハンドメイド活動をしている、teamぎゃんぎゃんによるぎゃんぎゃんなブログ。制作作品やフリマ出店情報などを載せていきます。minne様で販売を始めました→https://minne.com/@gyan2koubou

乗る、乗らないと作業効率

 

土曜日を通り過ぎて日曜日になりました。クロサキです。1週間以上のご無沙汰ですが皆様いかがお過ごしでしょうか。現在録画したゴールデンカムイの3話を見ております。味噌はオソマに似ているらしいです。(いきなり下ネタですみません)どうでもいいですけど、大塚芳忠さんのこえを聞くと韓国ドラマを思いだしますね!

 

さて……。書くこと書くこと。今回はなんとなく「作業中」について。

前もお話しした通り、クロサキは自宅で作業をするとき居間のテーブルで行っています。(4畳半に荷物が入らないため)

それで、ある時は「テーブルの上に手芸用具だけではなくパソコンも設置、とうらぶや小説を書きながら作業をする」、ある時は「フィギュアスケートの試合を見ながら作業をする」、ある時は「ひたすらラクリマクリスティを聞きながら作業をする」……と、こんな感じでその時の自分の気分に応じた状況を設定できるので、そういった事情もあり居間でやっています。

私は「他の誰かがいると作業が出来ない」「音があると集中できない」タイプではないようなので、父親がボクシングを見る横で小説を書いたりチマチマビーズをいじっていたりします。まぁ基本的に私は手芸の作業や小説を書くのが遅いのですが、音や他人が原因で遅い、集中できない、と考えたことは殆どありません。

どんな時でも乗る時はのるし、乗らない時は乗らない。誰がいようと、没頭できるときは出来るし、できない時は無理しない。

正直なところ、進む時と進まない時は比率で言えば2:8ぐらいです。2が進む時、8が進まない時。進まない時は大体、ビーズや素材をいじって、どうしたもんだべか、と質感や素材の特徴からひねり出そうとしたり、iPhoneで「あー、こんなデザインあるんかー」と参考例を見ていたり、その合間にフィギュアを見て、刀剣乱舞をやって、陰陽師をやって、神楽ちゃんにウハウハし、大天狗様にうきうきし、山姥切国広可愛いな、骨喰藤四郎かわゆいな、あ、何か生まれるかな、と思ってそこでようやっと進みだす……。みたいな感じ。作業開始から1時間後にようやく進みだす。

……なので非常に作業効率が悪いのです。

多分理想の作業効率って言うのは、まず自分の中の予算を設定し、設計図を書き、その分だけの素材を購入し、設計図通りに制作する……のがベストでしょう。これの場合何がイイって、「時間のロスも予算のロスも極力少ない」ことでしょう。

だが、しかし。(あ、「だがしかし」って漫画ありますね)

 

それが出来ないのがぎゃんぎゃんなのです。

(いや、もしかすると私一人かも)

 

何というか「乗らない無駄な時間」というのも個人的には大切で。乗らない時に一から素材と向き合ったり、その素材の良さや色合いとかを再確認したり、漫画とかアニメとかラノベとかの内容を思い返しながら「あー、こういうのあったなー」とか思い出したりするので。

改めて素材と向き合う時間というのは大切です。乗らない時間っていうのは結局作るための準備時間のようなもので、そこから「何が生まれるか」というのがライブ的で面白かったりするのです。

 

……という「作業効率の悪すぎる人間の言い訳」をしたところで、この辺りで終わりにしようかと思います。

 

明日になりますが、月曜日の30ちゃん、よろしくお願い致します。

それでは皆様、ごきげんよう。さようなら。