ぎゃんぎゃん日和。

アクセサリー中心のハンドメイド活動をしている、teamぎゃんぎゃんによるぎゃんぎゃんなブログ。制作作品やフリマ出店情報などを載せていきます。minne様で販売を始めました→https://minne.com/@gyan2koubou

ブリティッシュベイクオフならぬ、ジャパニーズハンドメイドオフ!

どうもこんばんわ。クロサキちよです。現在、録画した「昭和元禄落語心中」の2話を見ています。岡田将生の落語が素晴らしいですね……。色気が……。あたくし呼びの岡田将生……。岡田将生若い頃はそんな好きじゃなかったんだけどなぁ……。

 

さて。これを読んでくださる皆様は「ブリティッシュベイクオフ」という番組をご存知でしょうか。

「ブリティッシュベイクオフ」はイギリスで放送されている料理コンテスト番組。イギリスから集められたアマチュアの料理家(番組内ではベイカーと呼ばれている。以下ベイカー)が、10週にわたってお菓子作りの腕を競います。

お菓子作りと一言で言ってもいろいろありますが、ケーキ・焼き菓子・パイなどのお菓子から、デザート、パン、など多岐渡り、んで、どんな感じに競っていくか、というと、3つの課題で競います。勿論制限時間あり。

1.オリジナルチャレンジ……事前に試作した自分の得意なレシピで勝負

2.テクニカルチャレンジ……開始とともに与えられる質素なレシピで勝負。ベイカーたちはどんなレシピで勝負するかは事前に知らされない。ベイカー全員がそのお菓子自体を知らない、という事態も起こります。ちなみに審査員2人には誰が作ったかわからないようになっています。

3.マスターピースチャレンジ……事前に用意した自分のレシピで、技術や発想力を競う。

週を重ねるごとに課題は難しくなり、決勝は3人で競います。10週の中で毎週一人から二人が脱落し、その週で一番優秀だったベイカーには「スターベイカーの称号が与えられます。

……というのがブリティッシュベイクオフの概要です。

見てみるとこれ、本当に面白い。なんつったって集まるのは事前のオーディションを勝ち残ったアマチュアの料理人。アマチュアっていうことは失敗したりするのも派手だけど、発想も斬新だったりするわけで。「これはおいしい」「これは生焼けだ」「ぱさぱさですね」「風味が素晴らしい」「試すまでもないよ」という審査員の一言一言に一喜一憂。

「あんた本当にアマチュアかよ!」と突っ込みを入れたくなるベイカーもいれば、指を切っちゃうベイカーも。

それぞれの個性で、それぞれの判断でお菓子を作り、競うというものを見るのがこんなに楽しいとは思いませんでした。それはやっぱり「作るのが楽しい!」というベイカーの思いと「作るのが好きだ!」という熱量も伝わってくるからでしょう。(と勝手に思っている)多分こういうところなんだろーなー、イギリスで社会現象になったのも。「押しのベイカーが脱落したからもうブリベイ見ない!」という声をちらっと聴きました。

 

それで、考えてみた。

 

これ、手芸でやってみたら面白いんじゃないか。

 

そんなわけで「ブリティッシュベイクオフ」ならぬ、

 

「ジャパニーズハンドメイドオフ」を考えてみた。(まんまじゃねーか、という声は聴くよ!)

 

〇出場者は12人。事前にオーディションがあり、それに合格した12人が手芸のメッカ・浅草橋某所に集められる。

→なんで浅草橋なんだよ、ってメッカだし。

 

〇司会……タモリ光浦靖子

→なんでタモリ光浦靖子なんだよ、って突っ込まれそうですが光浦靖子は手芸趣味だしタモリは司会うまいし。

 

〇審査員……さめじまたかこ(アクセサリーアーティスト、コスモポリタン代表)、樋口愉美子(刺繍作家)

→ビーズORレジンのきらきら系と糸を使うもので分けた感じで。

 

〇審査方法 ブリベイと同じ感じで……。

 

〇課題

第1週目 UVレジン

第2週目 ビーズ

第3週目 型紙を使った裁縫

第4週目 刺繍

第5週目 フェルト

第6週目 UVレジン上級編

第7週目 ビーズとレジンの組み合わせ

第8週目 編み物

第9週目 型紙を使った裁縫と刺繍 上級編

第10週目(決勝) オヤ/パッチワーク/ウエディングアクセサリー

 

……今考えたけど、これかなり鬼畜な気が。

、レジンとビーズは若干リンクしているから作れそうだけど、ビーズとレジンが行けるからと言ってその他のものが出来るとは限らない。……つーか私波縫いしか出来んしな!編み物も苦手です。

でもまあ、パンが得意なベイカーもいれば、デザートが苦手なベイカーもいるし、全てがひっくるまれているので、糸を使った手芸もビーズもすべてひっくるまれて「手芸」なのです。

しかしすべての課題が出来る人いるか、というところはともかく、実際にやるとかなり面白いのでは。審査員も「色合いがよくないですね」「レジンの処理が悪いです」「この発想はなかったです」「こんなステッチ初めてみました」「きれいですね、よく発色できてます」「私はこれはつけません」とか言われているのを見てみたいです。

これが全て出来る方募集。

 

クロサキちよは、すべての手芸人を応援しています。

 

それでは本日はこの辺りで。

ごきげんよう、さようなら。